介護リフォームのポイント

 介護リフォームを行う具体的な例としては段差をなくすことや手すりを付けるという工事があります。
介護が必要な状態になると、健康な時には何とも思わなかったわずかな段差や傾斜が危険な場合があり、玄関の敷居をはじめ部屋の中のわずかな段差もつまづいて転倒することがあり得ます。
そのため段差の高さに対応したスロープを設置して段差をなくすことが大切で、玄関や廊下・階段・浴室など適切な箇所に手すりの設置も必要になります。
どうしてもスロープが設置出来ない場合は、中間の段を設けて手すりと共に活用するなど状況に応じた対策も必要になります。
屋外に階段があるような場合には、可能ならば勾配を緩くしたりスロープを作るなどして手すりも設置しておくと上り下りがしやすくなります。
さらに内側・外側に開くドアは車椅子を使用していると開け閉めがしにくいため、扉を引き戸や折れるタイプの戸にすることで開け閉めや通行がしやすくなります。
また足元が分かりやすいように照明灯を設置するなども転倒防止の対策になります。
さらに最近では障害や能力などに関係なく幅広く利用することができるユニバーサルデザインというものがあります。
例えば洗面台が上下して立った姿勢でも車椅子でも無理なく使えるような設備があったり、力を入れずに開け閉めできる戸を採用したり、一度リフォームすれば先の世代まで使えるようなリフォームもあります。

    管理人のお薦めWEBインフォメーション

  • 環境に配慮した木材を使い、作る人それぞれがこだわりを持って建てられる埼玉の注文住宅なら、日本の伝統的な工法を採用し建築物の長寿命化等の取組みに成功。より安心出来る一生に一度の買い物が可能になるのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 介護リフォームのポイントと細かな配慮 All Rights Reserved.