介護リフォームでの手すりの設置

手すりは、転倒などの事故を防ぐだけでなく、これまで困難だった動作を容易にしたり、不安定な動作を確実にできるので、介護リフォームには欠かせません。
手すりの役割は、廊下や階段、浴室、トイレで少しずつ異なります。
廊下の場合には、ひじを上に置きながら滑らせて使用する場合もあります。
階段では、身体を支えると同時に、腕の力で身体を引き上げる目的に使われることがあるので、しっかり握れる形状や太さが必要になります。
トイレや浴室では、身体機能によって動作が異なるので、手すりの位置も多様になります。
形状や材質、機能などさまざまな手すりが市販されているので、それらのなかから目的に合ったものを選び、さらに寸法や位置は、介護を必要とする人自身が実際に試みて個人に合わせて決めることが大切です。
円柱型の手すりは、しっかり握り、体重をかけて使用するときに効果的です。
直径は握って指がつく35mm程度が一般的です。
上部平坦型は、廊下などでひじを上に置いてずらしながら移動するときに利用します。
また壁との間に50mmくらいの空きが必要となります。
手すりの向きは、水平方向に移動するときには水平に設置します。
立ち上がる場合には、垂直方向に設置します。
水平、垂直の移動が連続して行われる場合には両方付けます。
壁に取り付けられないときには、簡易取り付け式を利用します。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 介護リフォームのポイントと細かな配慮 All Rights Reserved.