トイレ内の手すりと車いす

手すりは、トイレからの立ち上がり、移乗やトイレ上での坐位保持などに使用されます。
車いす使用者の場合、車いすのアームレストと同程度の高さにすると、移乗が容易にできます。
身体機能によって適切な高さが微妙に違うので、実際に本人が試したり、理学療法士などに相談して介護リフォームを決めることが大切です。
手すりを取り付けられない場合には、据置式のさまざまな手すりがあるので、それを利用するとよいです。
車いす前方アプローチの場合には、前後どちらの向きからでも使用できる身体障害者用トイレが便利ですが、多くの場合には一般的な洋式トイレで十分です。
上肢の弱い場合には、前方アプローチのままトイレにまたがって使用します。
片まひなどで立てる場合には、向きを変え、通常の座り方となります。
斜め前方アプローチの場合、斜め前よりトイレに近づき、手すりを使ってトイレに移乗します。
両上肢の強い人か、2,3歩立てる人も斜め前方アプローチでトイレに入ります。
車いすの場合には、車いすの座面高と同じ高さにすると移乗が楽になります。
手が不自由で後始末が難しい場合には、湯水洗浄と温風乾燥が自動的にできるウォッシュエアシートが便利です。
しかし感覚がまひした人の場合には、十分洗えないなどの心配があります。
両手が使えない人のために、片手で使用できるペーパーホルダーが市販されています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 介護リフォームのポイントと細かな配慮 All Rights Reserved.