介護リフォームの助成金について

 介護が必要となった場合、自宅で生活するに際しそのままでは不都合な箇所がいくつかでてくるのは仕方の無いことです。
そして日常の生活を出来るだけ負担を少なく過ごすためにはリフォームが必須になります。
そのため要介護や要支援の介護認定を受けると、介護保険から介護リフォームをする際の助成金を受けることができます。
高齢者住宅改修費用助成制度と言われるもので、20万円を限度としてかかった費用の9割までが支給されます。
つまり20万円工事費用がかかったとして1割分の2万円は自己負担になりますが、9割の18万円分は助成金でカバーされるので工事費の負担が少なくて済みます。
受給するには要介護認定で要支援か要介護の認定を受けていることが必要になりますが、その他にもリフォームしようとする家が介護保険の被保険者証の住所と同一で実際に住んでいることが条件になります。
対象となる工事は段差の解消や手すりの設置をはじめ、床材の交換や引き戸への取り替え・便器の取り替えなどがあります。
さらにこれらの工事を行うために必要となる下地の補強や改修工事なども含まれます。
実際に支給を申請する手続きとしては、工事を行った時の領収書・工事費の内訳書・改修前と後の写真を添付した改修完了確認書などが必要になります。
申請は各市町村の介護保険担当の部署へこれらの書類を提出して行います。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 介護リフォームのポイントと細かな配慮 All Rights Reserved.