介護リフォームのポイントと細かな配慮 TOP > コンテンツ一覧 > 介護される側だけでなくする側にも便利なリフォーム

介護される側だけでなくする側にも便利なリフォーム

 一般的にリフォームと言えば、補修が必要になったり家族やライフスタイルの変化などでニーズが変わったりした場合に住んでいる家に改修を施したり作り直すことを言います。
例えば間取りを少し変更するとか二世帯で住んだりペットとの生活がしやすい作りにするなどもそうです。
またキッチンを新しくするのもリフォームです。
そんな中でも病気や怪我などで介護が必要になった場合の生活に備えてリフォームすることを介護リフォームと呼んでいます。
介護が必要な状態になると介護される側としては、それまで普通に出来ていたことが自分では出来なくなったりしにくくなったりします。
また健康な時には気づかなかった使い勝手の悪さに気づくこともあります。
狭い通路で無理な姿勢で動こうとすると必要以上に身体に負担がかかってしまうこともあり、そうした不具合は介護される側はもちろん、介護する側にも負担となります。
またそのような都合の悪さが毎日の生活の中で重なると、肉体的な問題だけでなく精神的な負担やストレスへとつながっていきます。
そこで介護リフォームを行う場合は、介護される側が自分で出来ることをしやすいようにサポートできるものであることが大切なポイントであるとともに、介護する側にとっても動きやすく介護しやすいということが重要になります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 介護リフォームのポイントと細かな配慮 All Rights Reserved.