バスルームの介護リフォーム

 毎日生活に必要な設備ですが健康でも滑って怪我をすることもあるバスルームのリフォームはいくつかポイントがあります。
まず多くの場合脱衣所とバスルームには段差があるのでその段差解消が必要です。
また浴室は上下運動なども多い場所であるため、脱衣所からバスルームへの出入口をはじめ浴槽に入る場所・浴槽で座ったり立ちあがる場所・浴槽外で身体を洗う時に座る場所など、適切な場所への手すりの設置が大切です。
またただでさえ滑りやすい環境であるため床材に滑りにくい素材のものを利用したり、バスマットを用いるなどの工夫が必要です。
さらに介護状態によって浴槽への出入りが難しい場合には介助する人の負担を軽くできるようなリフトのを設置したり、シャワー浴をするのに便利なシャワーチェアーなどを用いる方法もあります。
浴槽の入れ替えが可能な場合ならば介護の浴槽やユニットバスに入れ替えと使い勝手がよくなります。
そして近年特に冬場に注意しなければいけない点として注目されているのがヒートショック予防です。
お風呂に限ったことではありませんが、暖房のある部屋から寒いバスルームに移動したり熱いお湯につかって外に出たりする温度差によって、血圧の急上昇や急下降が起こり脳梗塞や心筋梗塞の危険性が高まります。
そのため浴室暖房乾燥機の設置やヒーターを付けるなどの対策が必要です。

    お薦めWEBインフォメーション

  • 驚きの快適エコライフができるRC外断熱のことならPOWER HOUSEをおすすめします。小さなエネルギーで室内温度差の少ない室内環境を実現できるので住宅施工をお考えの方はぜひご覧下さい。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 介護リフォームのポイントと細かな配慮 All Rights Reserved.